ピルを飲むと避妊ができるとざっくりとした認識されている方もいると思いますが、ピルを飲むことで体内ではどのようなことが起きているのかを理解することで正しいピルの知識が持てます。

ピルの服用について考える女性

月経異常の治療に高用量ピルが使われることもある

ピルと言えば、言わずと知れた女性が服用する避妊薬で、男性に頼らずとも確実に妊娠を回避できる、とても便利な医薬品です。近年では、低用量ピルが解禁となったことを受けて、より副作用の危険を減らしながら、安全に服用できるようになり、女性に取っては非常に喜ばしい傾向です。このピルには中用量や高用量タイプもあり、こういったものが日本で処方される場合には、避妊目的ではなく、月経異常などの疾患の治療のために用いられることがあります。ピルには当然ながら女性ホルモンが含まれており、低用量ピルでさえ、生理不順や経血量の減退目的で使用される場合もありますが、さらにひどい子宮内膜症や子宮筋腫などに苦しむ女性の場合、ホルモン量を多く含むピルを用いて治療を行うことがあります。しかしながら当然ホルモン量が多く含まれるということは、副作用の危険性は高まり、強い吐き気やだるさ、むくみや頭痛など、身体に不具合を生じてしまうことが多いので、医師の指導のもと服用しなければなりません。なお、こういった、女性疾患の治療目的で使用される場合には、保険が適用されることもあるので、治療費が気になる場合には、クリニックに確認しておきましょう。また低容量であっても、ホルモン剤を長期にわたって服用する場合には、定期的に婦人科検診は受けたほうが無難です。ピルを処方される時に、医師のほうから検診を勧められるので、身体の状態によって数か月おき、または半年や一年おきに、きちんと血液検査や内診を受けて、子宮内や乳房に異常が見られないか否かを調べておくようにしましょう。婦人科疾患は進行してしまえば治癒率も下がってしまいますが、早期発見なら完全に治すことも可能となっています。