ピルを飲むと避妊ができるとざっくりとした認識されている方もいると思いますが、ピルを飲むことで体内ではどのようなことが起きているのかを理解することで正しいピルの知識が持てます。

ピルの服用について考える女性

緊急時に服用するアフターピルの構造とは

ピルとは、毎日決まった時間に服用することで、かなり高い避妊成功率を確保することのできる医薬品で、望まない妊娠を避けたい女性が服用するもの、といった認識を持っている方も多いことでしょう。我が国においても、諸外国に遅ればせながら、ようやく低用量ピルが解禁となり、副作用の危険をより少なくし、安全に服用できるようになったので、毎日の習慣に取り入れ始めている女性も増えているようです。ピルには、緊急避妊時に用いるアフターピルという中用量タイプもあり、こちらは避妊に失敗してしまったときや、残念なことではありますが、性被害にあってしまったときなどに利用するもので、膣内で射精後72時間以内に服用することで、望まない妊娠を回避させる目的で使います。このアフターピルの仕組みは、日常的に飲む低用量タイプとはホルモンの含有量も全く違って大量なので、一気にホルモンバランスの構造を変調させ、子宮内膜を剥離させます。そうすることで、万が一卵子と精子が受精しても、子宮内膜に着床させることを妨げるので、強制的に妊娠を回避させるという結果につながるわけです。しかし、これほどの強い作用が働くわけですから、当然ながらデメリット、つまり副作用があり、強い吐き気や腹痛、頭痛などが伴います。長く続くわけではないので、暫くは身体を安静にして我慢するしかありませんが、気を付けなければならないのは、強い吐き気に見舞われてしまうため、服用後3時間以内に吐き出してしまうと、薬の効果はまだ体内に浸透していないため、時間をおいて再度また服用しなければなりません。その場合には、アフターピルを処方してもらったクリニックで相談し、医師の指示を仰いだ方が無難です。